前へ
次へ

社会保険労務士試験を受けたことについて

金融関係の仕事をしていた時労働問題で社会保険労務士の方にお世話になったこともありこの仕事に関心を持つようになったのですが、それでもただ興味を持っただけでそれ以上でもそれ以下でもありませんでした。
しかし体調を崩して会社を辞めてからはより一層社会保険労務士の仕事に関心を持つようになったので少し調べてみたのですが、この仕事の範囲が予想以上に広いことが分かり自分のやってみたいと思うようになりました。
もちろんこの仕事を行うには資格が必要なので国家試験を受けることにしたのですが、試験範囲が広い上に問題もとても難しいので合格するには余程勉強しなければならないと感じました。
それでも勉強するだけの意義がこの仕事にはあると考えて一生懸命勉強して試験を受けたのですが、3年連続不合格だったので自分では無理なのではないかと思いました。
ただここまでやって諦めるのは勿体無いことだと思い歯を食いしばってもう1年勉強したのですが、そのおかげで4年目にして合格することが出来たので本当に良かったです。

Page Top