前へ
次へ

弁護士になるのは結構大変である

法律関係の仕事には、弁護士があり法のスペシャリストとして知名度が高いです。
法律の仕事は需要が高いので弁護士になれば活躍出来る可能性は十分あり将来性が高いと言えます。
ただ、弁護士になるのは結構大変で、まず司法試験に合格する必要があります。
司法試験には受験資格があり主に法科大学院を卒業するか司法試験予備試験に合格するかどちらかが主な選択肢としてあります。
仕事をしていない人は、法科大学院の進学を目指す方がおすすめです。
実際に法科大学院に進学して司法試験を受験する人が多いです。
約2年から3年ぐらい学校で法律について学ぶ事になります。
ただ、学費が準備出来なかったり仕事をしている人は、司法試験予備試験に合格して弁護士を目指すのが現実的です。
ただ、予備試験はかなり狭き門となっており合格率が5%みたない事も多いです。
つまりそれだけ難易度が高い試験なので長期的な勉強計画を立てる必要があり、すぐに合格出来ない事を心得ておきます。

Page Top