前へ
次へ

法的な調査も相談内容によって必要とする

素人でも契約書は作成できます。
法律的知識を持ち、どんなトラブルが将来生じるのかを見通すことができることが前提です。
良い契約書が作成できれば、トラブルは起こらず、仮に起こっても早期に、有利に解決できます。
また、法的調査は素人では難しく、法律家でなければなりません。
例えば、最近増えている法律相談は「ブランド品を外国から輸入したいが何か規制があるのか」という内容です。
裁判になれば、相談したこの依頼者の主張が認められるのか、過去の判決例をみて調査するそうです。
ブランド品の輸入、そのブランドに関わる権利は何でしょうか。
商標権、特許権、著作権などがあるでしょう。
それらを判断し、それらの権利と並行輸入の関係を調査して判断を下すことになります。
無料の法律相談もありますが、ノウハウがあるだけ、後々、こうなる可能性もある、こうした事を注意事項としてアドバイスします。
取引契約、解除、独占禁止法、あらゆる手続きには専門家を間に入れましょう。

Page Top