前へ
次へ

民法は勉強するだけの価値があると思っている

日本は法治国家でトラブルが発生した場合には法律によって解決することになっているので、法律を勉強すると言うのは意味があり何かあった時の支えにもなります。
中にはトラブルに巻き込まれたら弁護士のような専門家に相談すれば良いと考えている人もいますが、ちょっとした諍いに関して専門の人に話を聞くのはあまり良いことではないと考えています。
自分達で解決出来ることは自分達で何とかしなければならないと言うのは私の考えなのですが、そのためにも法律について勉強しなければならないと思い法律についての本を買って勉強しています。
特に民法は債権や債務の問題や相続に関する問題など様々な問題を解決するために覚えておくべき事柄が沢山書かれているので、とても役に立ちますし勉強していて飽きることは全くないです。
確かに条文の数は多くよく分からない専門的な用語も出て来て大変な面もありますが、理解出来た時の気持ち良さは格別なのでこれからも一生懸命勉強して行きたいと思っています。

Page Top